旅行に行く季節と目的地を考える

ツアーで北海道旅行に参加する上で気を付けなくてはいけないのが目的地によって異なる気温の変化です。広大な北海道は地域によって平均気温が大きく異なります。内地に近い道南の地域は本格的な冬のシーズン以外は比較的快適に過ごすことが可能です。それに対して道北と呼ばれる北側エリアは1年を通して平均気温が低く、冬場になると連日氷点下に見舞われるケースも少なくありません。真冬でも氷点下に届かない暖かい地方で生活をしている人は経験をしたことのない寒さに体調を崩してしまうこともあるので注意が必要です。場所によっては雪の影響で思うように移動ができず、ツアーを予定通り消化できない所か旅行期間中ずっとホテルに待機する羽目になりかねません。こうしたトラブルを避けるためにも、旅行に行く季節に合わせて目的地を決めることが大切です。

安全に移動できる手段を確保する

一口にツアーと言ってもプランによって様々です。全て観光バスで移動をするツアーであれば特に問題はありません。フリープランなど現地での行動をそれぞれ自由に満喫できるツアーを選択する場合に考えなくてはいけないのが移動手段確保です。北海道は広大な土地のいろいろな場所に観光名所が存在するので、目的地によっては長い距離の移動が必要になるケースも少なくありません。旅先での移動と言えばレンタカーや電車が定番ですが、車では効率良く移動をするのは難しいのが実情です。フリープランのツアーに参加をする時は観光名所だけでなく、移動手段も同時に考えることがポイントになります。

北海道の旅行とは夏に行く場合と冬に行く場合を比較すると大きな違いがあります。なぜならば夏場の最高気温が約30度に達する地域でも、冬になると最低気温がマイナス20度くらいまで下がる地域もあるからです。